木・日・祝日休み|平日/10:00〜18:00 土/10:00〜16:00

少ない治療について

かたまりのレベルとスペースのレベルは
つながっているけど、スペースのレベルの方が
自由度と理解度が高い。

粒子と波動は同じものでつながっているけれど、
波動の方が自由度が高い。

氷・水・水蒸気はおなじものだけど、
氷はかたまりのレベルで
水蒸気は広がりと自由度が高くて、
スペースのレベル的である。

肉体メイン的な手法と、意識メイン的な手法。
肉体と意識はつながっている。
美容皮膚科の治療でも、肉体メイン的手法のみでの治療法は
EVIDENCE BASED MEDICINE (EBM)に多い。

EVIDENCE BASED MEDICINE(EBM) 自体が、
人間の五感覚で測定できる証拠証明をもつということなので、
そこに定義的にも意識の入る余地がない現状です。

少ない治療で肌を改善するということは、
意識をより使うことになります。
治療を受ける本人も主体的にならざるを得ないです。

それは肉体メイン的な保湿をしっかりして潤いを与えましょう・・・
とか紫外線が強いので日焼け止めをしっかりしましょう・・・。

とかいった肉体メイン的な考えからすると、
当然と思われるケア法というものを、

ズバリ超越している考えとなります。

肉体メイン的な治療を包み込む意識メイン的な治療になると、
あまりに全体像が見えてしまうので無駄な治療は必要ないし、
その必要ないことを手がけることがあまりできなくなってしまう。
そのためお金儲けには向かないことになってしまう。

本当に良い治療は、少ない治療で最大の効果が
見込めるものではないだろうか。

それで考えてみたことは、senaclinic 事業は、ボランティア感覚
で自助の気持ちがある方々を助けて社会〜世界に貢献するための場所にする・・・という希望的なアイデアです。

これは理想でして、今は経営努力をしながら活動している、
自由診療クリニックです。