木・日・祝日休み|平日/10:00〜18:00 土/10:00〜16:00

紫外線とシミについて

紫外線とシミについての私的な考え方です。

今日は、シミにお困りのお二人のカウンセリング
がありました。

どちらのお方も、お顔全体がくすみっぽくて
両ほほを中心としながらもお顔にしみが多めに
なってしまっています。

でも治すことはできます。ご安心を。

シミを治すためには、何が原因でシミになった
のか。の話をさせていただきます。
原因がわからないと治しようがないですから。

みなさん、紫外線が原因と考えているのですが、
それはシミになってしまう人の考え方です。
まずそこあたりから、
意識のベクトルを180度真逆に(外側や紫外線ではなくその真逆)向けてもらう話を
していきます。

まず、日焼け止めでシミが、予防できるのなら、
塗っている場所がシミになってしまうこと自体が
おかしくはないですか?

日焼け止めを使っているけど予防できていない
ということなのか。
もうすこし考えてみましょう。
よくみると、おでこには、シミが少なくて両ほほに
シミが多い。

しかも両ほほには日焼け止めを塗っている。
それを見ると、むしろ、日焼け止めや
ファンデーションなどを毎日ぬっている場所が
シミではないですか?そう思いたくなります。

紫外線は肌にくまなく平等に当たるのに、
ほほにシミが多い現象は不思議ですね。
一番日に当たりやすいのが頬というのであれば、
鼻の頭からシミになりやすいのではないか。
鼻頭は突き出ていて一番紫外線にさらされそう
にも見えます。でも鼻の頭がシミになりやすい
とかそんなことはなさそうです。

紫外線でシミになるという理屈は、
あまり考えないとそんな感じの雰囲気も
しなくもないですが、よく考えると矛盾が
あります。

江戸時代には紫外線はなかったのか。
昔の人はどうやってシミを予防していたのだろう。
南半球の子供達には紫外線によるシミは
できないのだろうか。

TVをの天気予報をみると、
「紫外線が強いという数値がでています。
紫外線対策をしっかりしましょう」ということを
言っています。

あたりさわりのないフレーズで尺をとって
時間をつなぐことがしやすくなるからではないかと
私はひそかに推測しています。

なにかのヒントになれば幸いです。
(まちがっていたらごめんなさい!)

今日もありがとうございます。
ではまた!