木・日・祝日休み|平日/10:00〜18:00 土/10:00〜16:00

トレチノインを使った、お肌の若返り手法

目の下のたるみはどのような施術をするのですか?

というご質問をいただきました。

目の下のたるみには、当クリニックでは

1)目の下をたるませるようなことがあればそれをやめること。

2)目の下を含めお顔全体に均等にゼオスキン➕トレチノインを使うこと。(レーザーやヒアルロン酸はしません)

の二つのステップを同時におこないまして、目の下のたるみを改善していきます。

1)ですが、目の下のたるみを良くしようとして、市販やCMの保湿クリーム類を目の下に使うことにより、(あと、目の下のこすりの癖なども)かえって、目の下のシワ・たるみ、ブツブツやクマの問題を創っている場合があります。(実は多い・・・><)それをやめます。

このステップは大切です。ここに気づかないと、原因を放置したままにしても全く有効ではなく効率的でもありません。

2)同時にゼオスキン(ハイドロキノン製剤)を使いまして、お顔全体に均等に隅々まで使います。比較的少ない量になりますが、その後トレチノインという肌のたるみによいお薬をまぜて、均等に使います。(お顔全体に均等に使う為、目の下に多めにぬったりしないことがポイントになります。(たるみという肌の境界を減らす/なくすため)

肌全体から細部もふくめて改善していきます。(『部分の改善は、全体からの改善からおのずと、もたらされる原理』をつかいます)

以上のような手順で施術することが多いです。ただし結果の出方に整形手術のような劇的さはありません。自然な感じで安心して改善できることがメリットです。(それを望んでいる方も多いです)

今の方々は、整形はちょっと・・・という方も少なくないようです。

そんなときには、ゼオスキン+トレチノインを淡々とするスキンケア浄化療法はいかがでしょう。自分の作業で自分で改善するのです。目の下の、くま、シワ、ほうれい線を改善するには、
上手な使い方でトレチノインを使うことがよいです。

その使い方をお伝えしています。改善のプロセスの過程で1)をやめていますので、目の下のたるみの悪化も自動で防いでいることになります。

セナ クリニックのDr nagayama(筆者)はトレチノインでは10年以上の治療経験があります。(輸入物ではなくて日本製!!メイドインジャパンのトレチノインを使用しています。)

最近はレチノールという言葉がシワのお化粧品のCMでよく目にしますが、化粧品レチノールの詳しい成分は知らないのですが、体感的には医薬品トレチノインは効果的にも良いものだと思っています。

今日もありがとうございました。