木・日・祝日休み|平日/10:00〜18:00 土/10:00〜16:00

シワになりがちな人の考え方(保湿について)

以下は、〜と言われている…話や、〜とされている…といった話ではなく私の直接体験から感じるものです。

肌やシワの相談を受けていてしばしば心痛むことがあります。

それは、乾燥はシワにいけないという考え方のもとに、保湿行為を年単位で励行していることです。

私はたくさんの肌を観察していて、保湿によるシワをたくさんみています。

そして、シワの原因が保湿であることをシワの状態から見分けることができます。

保湿でシワになるなんて聞いたことないと思いますが、

私の観察では事実です。

お心当たりのある方いませんか?

しっかり保湿しているはずなのに・・・・ほうれい線の周りに小じわが流れているetc・・・

これは、本当に良くなるために敢えてする話で、耳に心地良いだけのふわふわした話ではありません。

今日も、どちらかでワセリンならいくら塗っていても大丈夫ということで、

ワセリンを保湿に使って塗っていたと言います。(これは人気とされているヒルドイドでも全く同じです)

年単位でそれをやっていて、シワが改善していないのなら、その手法は正しくないのではないでしょうか。

1日や2日では違いはわかりませんが、違いがわかるのは数ヶ月〜年単位の保湿行為です。

私の観察では保湿を習慣化すると、保湿依存になり、肌の自力が阻害されるため、肌の支持力が弱くなります。支持力(弾力)が弱い結果、小じわや刻みが深いシワが生じやすいです。

保湿のしすぎが良くないと言っているのではなくて、

保湿行為そのものが健康な肌にとって特に必要ないといっていることに、ご注意ください。

素朴な感覚で考えるとわかると思います。