セナ クリニック

福岡県飯塚市
美容皮膚科

自由診療・完全予約制

0948-21-6007

リミッターをかけていること(いわゆる肝斑について)

ヒトには自然治癒力や免疫力を平等に与えられているけど、
社会ではそれにリミッターをかけるような教育・広報・誘導がなされていると思います。
とくに2023年の今の時代はその傾向が強いです。


そのリミッターを発動させないようにすると・・・
別の表現では健康性の発揮をせき止めているものをどかすと、


肌の回復力が発揮されます。
健康性も向上します。


ポイントは皮膚そのものの健康に向かう活動をさまたげないで、自由にさせておくことです。


2023年8月の美容皮膚科学会においても
総合すると、肝斑はやっかいなしみである、という主張が多いですし、
共存・コントロールしていくものや
肝斑は絶対治らないとの考え方も普通に聞きます。


こちらの臨床現場ではそうではありません。


どうせなら、改善できるというところに依頼する方が私は良いと思う方です。

その、改善するということは、

シミ取りレーザーといったなんとなくの他者感覚ではありません。
改善するイメージをふわふわとまとった気休めでもありません。


お客さま自らが自覚して実践する結果そうなるのです。
同時に、理解と知恵もついて良い状態を維持して
再発しないことも結果として自然となされるわけです。


日々、お顔のしみの根本治療の研究をしています。


プロセスも難しくなくて、簡単です。
努力ではありません。
改善に抵抗しないことが
原動力になります。


セナ クリニックのしみ治療では、


初期状態の違いで個人差は少々あるものの
ざっくりと2ヶ月くらいの経過内で
トラネキサム酸などのクスリを飲まなくても


お顔のしみや、「いわゆる肝斑」から離れて自由になれます。(メカニズムでなおす手法だからです)

自分でつくったシミは自分でなおしましょう!(そちらの方が結果が早くてキレイです。)

現場体験から得られたより大きな視点から対処いたします。

注)肝斑といった独立した疾患が存在しているのではない見方をしています。それで「いわゆる肝斑」と表現しています。


診療日

診療時間

月・火・水・金 10:00 - 18:00
10:00 - 16:00
お昼休み 12:00 - 13:00
2024年 5月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

定休日

アクセス

〒820-0083

福岡県飯塚市秋松559−5

駐車場:8台

0948-21-6007