セナ クリニック

福岡県飯塚市
美容皮膚科

自由診療・完全予約制

0948-21-6007

Q&A:そばかす

治癒を妨げない肌に色素沈着はない

セナ クリニックでは、しみ治療にQスイッチルビーレーザーを使うこともあります。

一般的にはQスイッチルビーレーザー照射後には(かさぶたを含めて)一度濃くなってから時間が経って徐々に薄くなるものだと・・・だいたい説明されているようです。(レーザー後色素沈着と呼ばれる)

セナ クリニックではかさぶた状態によるダウンタイムがあります。

しかし、しみ治療の後には色素沈着(こくなること)が生じないことが通常です。レーザー後の肌の治癒を妨げることを意識的・無意識的・無自覚的にしなければ、治癒力が最高に発揮されて色素沈着とは無縁な治療結果となります。

そのことがはっきりわかっています。しみ治療レーザー後に色素沈着にならない手順・手法があります。

(注・・・ほくろは大きさによってしみよりも深い治療レベルに存在するため除去後に赤みの期間があります:ほくろの時は炭酸ガスレーザー+αをつかいます。話が似ているため念の為)

セナ クリニックのしみ治療では結果が早くて安心できることが特徴です。

仕組み・メカニズムでなおすとはなんですか?

お顔のしみ治療では、こうすると→こうなる。という仕組み・メカニズムを発見しています。

その発見した仕組みのとおりに運用すると、おのずとイヤでも結果がでます。自然治癒力をバックボーンとしているためです。

それをフォローアップも含めて具体的・現実的な形で仕組み化していています。これらをメカニズムで治すと表現しています。

どうやってしみを治すの?

しみ/しみ症候群というものは無意識・無自覚も含めた肌の接触習慣が原因です。

これは明らかな観察事実です。

注)お顔のしみの原因は、〜とされている・・・とボンヤリしているよりも、「確かな現実・事実」に基づいた方が確実で良いと思われませんか?

・・・ということは、レーザーだけではなくて、無意識・無自覚を含めた習慣も変えないと当然、良い結果になりません。紫外線対策ばかり強調されて、このポイントがスルーされているように思います。

その点を考慮しておおよそ以下のような手順になります。

しみを治す手順

1:しみ症候群と自然治癒が意識されたレーザー治療を受けましょう!(レーザーが必要な場合のお話しです)

2:習慣を変えるため治療部位を非接触・無抵抗ですごします。人為的または不自然なものはすべて手放します。

3:肌が再構築されて自然な結果が顕れてくるにまかせます。→ダウンタイムを過ごします。

4:セナ クリニック・ゼオスキン・・・少ないスキンケア(ゼオスキン使用にて)で新しく考案された全体が意識されたスキンケアをしましょう。

5:経過フォローで気楽な対話をしましょう!

このような流れで新しい、しみのない〜境界のない肌状態で上書きしていきます。そして通常では、もとに戻りません。人間の幸せにとって役立つならそれは真理に近いと考えられます。

シミ問題解消のための理解のしかた

シミになる原因、シミが治らない原因、色素沈着する原因、再発する原因、シミの治し方、肌を不均等ではなく、均等に仕上げるやり方。医療のエビデンスさえ資本主義(グローバリズム)の影響下にあること。本当に肌がキレイな人の気楽な習慣とは?

などなどシミ問題の性質について考えます。

シミ問題の全体構造がわかると、シミはお顔もボディも「肌タッチ生活習慣病」と表現できます。

ご本人様がそのことに無自覚で全く気づきもしていないことも多々あるので、(しっかり紫外線対策や保湿しているのに的な・・・)つまりは、本質の理解を伴える方、気づける方、向きの話になってしまいます。

紫外線のせいとか、保湿が足りないせい、日焼け止めが不十分なせい、過去に日焼けしたせい。などなどが原因であると、多く言われています。

はたして本当にそうでしょうか。

結論から言うと、みなご自身の化粧や、スキンケアが、日本では社会的に良いとされていること、洗脳を含めて肌タッチの結果でシミができています。

なにもしないこと。意図的に肌タッチしなければ紫外線に当たっても日焼けはしますが、シミとして残りません。

これは、たくさんのシミを見てきた人数やシミそのもの。数千か数万か、どのように数えるかで(数を盛ったりできて)変わりますが、私の眼の前で起こっている事実です。

この理解の仕方を意識したシミ治療は、実際に短期間で良い結果となり再発と縁がなくなります。

お顔のシミは生活習慣病である


私は日々素肌の状態を観察しています。すると、その成り立ちが自然とわかってしまいます。

生活習慣病を例に例えると、その方の無意識行為を含む習慣からなっていくものです。

例えばシミ取りとかシミ取りレーザーという言葉は普通であまり疑問に思われていないようです。けれど、糖尿病を取る(ex,糖尿取り)とか高血圧を取る(ex,高血圧取り)という言い方はしないでしょう。

生活習慣を本当に変えないとその病からは離れることができないことは誰でもすぐにわかるからです。


実はお顔の皮膚も同様なのですがそのような理解の仕方はされていないようです。

お顔のシミは生活習慣=皮膚接触習慣ということです。

シミ取りレーザーという言葉とその言葉が含むニュアンスは、紫外線や過去の紫外線曝露や加齢の結果でできたシミを、除去してしまおうという発想だと思います。

気になる部分がなくなれば、より良く肌が見えるだろう・・・そんな感じでしょうか。それでは、目的のしみが薄くなったとしても、それ以外のシミっぽさはそのままであるはずです。また、理論上はつねに光老化を考えて、シミ予防に努めないといけないでしょう。

シミというものはその生活習慣の結果できていますから、

生活習慣がシミになる習慣のままだと、

治療そのものもスッキリ解消とはいえず、やや改善かも・・のような中途半端な感じになりやすいです。

ですので、薄くはなったものの、またお化粧等で隠すいつものパターン生活が当然のようにはじまります。

皮膚の治療の結果は内臓とは違って、誰が見てもわかりやすいものです。

セナ クリニックではそのようなループから脱出する方法を。マンツーマンでお伝えしています。

ご自身の肌でライブで結果を出しながらです。



セナ クリニックで肌が改善し完了するとビックリするほど若返り効果が明らかです。

シミで不健康になってしまった素肌を健康美に戻すことは、人生に有益で価値が高いと思っています。


なぜシミ治療で後戻りしないのですか?

これはDr永山のシミ治療が他と違う概念から創られていることのご説明にもなる素朴で大切な質問です。

一般的感覚からは不思議に感じると思いますが、Dr永山の治療では再発しない・後戻りしないです。

それは、お顔のシミの問題の根本から治療しながら、ご本人の理解を伴う学習的なアプローチだからです。問題の表面的な原因(常識・定説とされる)から対処することと、問題の真の原因と理解から対処すること、では明らかに結果が異なります。セナ クリニックではほとんどの方が後戻りしない事実があります。これは長年の観察による事実です。

逆に審美的に「明らかに健康的で良い」結果になるにはそのくらいである必要があります。再発などとは無縁な感じである良い結果ということ。それは目に見えない自然治癒力を認識して治療に使うことがポイントです。

念の為、「シミ取りレーザー」や「その類の発想」ではありません。問題はそれが生じた同じレベルでは解決できないのです。

そばかすの治し方を教えてください?

そばかすですが、お肌を直接拝見すると、I2PLで効くかどうかがわかります。また、I2PLでは届かない場所、(目の下・目のきわ、鼻全体、とくに気になるシミ〜老斑)は部分QスイッチレーザーでI2PLと同時に追加処置をするという形で一回の治療を加えます。その結果、全体が誰が見ても明らかにだいぶ改善を見るようにしています。

レーザー治療による破壊1回(1回目が一番効くため)とゼオスキンによるスキンケアフォローが多いです。料金はお見積りです。理解が伴えば(自ら気付けば・・・)もとに戻ることはないと思います。

診療日

診療時間

月・火・水・金 10:00 - 18:00
10:00 - 16:00
お昼休み 12:00 - 13:00
2024年 5月
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2024年 6月
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6

定休日

アクセス

〒820-0083

福岡県飯塚市秋松559−5

駐車場:8台

0948-21-6007